金属探知機検出操作プロセス

金属探知機検出操作プロセス

概要

金属探知機検出操作プロセス

金属探知機機械探知操作プロセス

1.金属探知機が安定していて信頼できることを確認します。

2.探査ヘッドの近くに金属物がなく、探査ヘッドの上に破片がないことを確認します。

3.探査穴に破片がないことを確認します。

4.電源コードがしっかりと接触し、十分に接地されていることを確認します。

5.金属探知機の周囲に外乱源がないことを確認します。

6.主電源スイッチを登録します。このとき、マシンはキャリブレーションとセルフチェックのバランスを積極的に開始します。 2列のインジケーターが点灯してから徐々に落ち着き、作業状態ランプが点灯します。

7. 2つのチャネルの信号インジケータが2〜3個以下の緑色のライトが点滅している場合、検出を開始できます。

8.製品のシリアル番号(製品の材料効果をデバッグするときに記録される「商品選択」の値)を選択します。

9.「開始」ボタンを軽く押すと、コンベヤーベルトが作動し始め、テストブロックがベルトに配置されて感度がチェックされ、機械が正常に作動していることを確認します。

10.テストする商品は、テストのためにコンベヤーベルトに軽く置かれます。

11.検出感度を再認識し、実際の検出感度が実際のニーズを満たすことができることを確認します。

12.フローテストを開始します。