プラスチック金属セパレーターのメンテナンス手順:

プラスチック金属セパレーターのメンテナンス手順:

概要

プラスチック金属セパレーターのメンテナンス手順:

プラスチック金属セパレーターのメンテナンス手順:

1.機器のメンテナンス(特に溶接と穴あけ)は、機器の操作中に禁止されています。溶接スラグや破片が飛散するのを防ぐために、隔離バリアを設定する必要があります。

2.新しい機器を設置するときは、完全な隔離ボードを使用する必要があります。

3.修理した機器を生産ラインに戻す前に、磁気パッド、ブラシ、掃除機で清掃する必要があります。

4.修理または設置が完了したら、品質保証チームのメンバーが機器とその周辺を検査する必要があります。

5.プラスチック製の金属セパレーターを使用する際の注意事項

屋内で金属探知機を使用する場合、安定した動作のための条件は次のとおりです。

保管温度:-10ıC-+50ıC(15ıF-120ıF)

使用温度:-10ıC-+45ıC(15ıF-110ıF)

湿度:45°Cでの最大空気相対湿度は93%です

電圧:供給電圧の変動範囲は+ 10%/ -15%を超えてはなりません

作業速度:1250W以下

接地抵抗:4未満

パラメータ設定は会社指定のオペレーターが設定し、通常は変更する必要はありません。

このオペレーティングシステムは、必要に応じて約20種類の製品を保存でき、会社が指定したオペレーターが使用前にプログラムを呼び出します。

6.使用中は、誤操作を防ぐため、手で開口部に近づかないでください。

7.ベルトは定期的に、できれば週に2回清掃する必要があります。

清掃するときは、機械の電源を切ってください。

必ず清潔な乾いたタオルを使用し、適量の洗剤をスプレーして乾かし、気管で吹き飛ばして乾かしてください。

8.拒否プロセス中、怪我を避けるために拒否システムに近づくことは禁じられています。

9.半月に1回ベアリングに注油します。良好な作動状態に保ってください。給油時にベルトにオイルが垂れないように注意してください。

10.機械を掃除するときは、最初に機械の電源を切り、モーターを保護カバーで覆ってから掃除してください。乾燥後、保護カバーを取り外します。

11.電磁干渉を防ぐために、機械の近くに電気機器があってはなりません。