金属探知機の感度の問題を解決する方法

金属探知機の感度の問題を解決する方法

概要

金属探知機の感度の問題を解決する方法

異なる金属探知機で使用される技術とアルゴリズムは異なります。それらはすべてコンピューターによって自動的に制御されます。今日は、食品金属探知機で使用されている最新の技術と、使用されているアルゴリズムについて説明します。 。一般的に言って、食品金属探知機の最も先進的な技術は、DSPアルゴリズムを使用することです。詳細は以下のとおりです。

水分や塩分が豊富な肉、果物、野菜などの「湿った材料」が食品金属探知機の感度に与える影響など、すべての製品が食品金属探知機の感度に異なる影響を及ぼします。水分、塩分、糖分がほとんどない非常に大きな「乾燥材料」は、理論上の感度値にほとんど影響を与えません。


これが感度の問題です。感度に影響を与える要因は、一般的に次のように要約されます。

1.さまざまな金属の種類

2.異なる動作周波数、位相、および製品効果

3.開口部のサイズ

4.金属コーティングまたはアルミニウムフィルム包装材料

5.環境要因

これらの製品の影響を解決する方法はありません。常に宿敵があります。それを解決する方法は?

1つは、位相角を変更する

2.動作周波数を下げます

3、感度を下げる

   食品金属探知機食品金属探知機の要件は、結局のところ、凍結温度と常温の間に違いがあるため、少し厳しく、より複雑になります。