X線異物検出器はオペレーターまたは製品に危険をもたらしますか

X線異物検出器はオペレーターまたは製品に危険をもたらしますか

概要

X線異物検出器はオペレーターまたは製品に危険をもたらしますか

X線検査装置はオペレーターや製品に危険をもたらしますか?

もちろん違います。基本的に「局所線量率」と呼ばれる限界値があります。人や製品は、健康への影響を心配することなく、安全に放射線にさらすことができます。

最先端のX線検査システムには、発生したX線を機械内に確実に保持できる高度なシールドシステムが搭載されています。マルチチャンネル監視安全装置と機械的拡張カバーにより、オペレーターがX線に直接アクセスすることはありません。さらに、実際の局所線量率が限界値の何倍も低くなることが保証されているため、X線検査システムの操作は製造担当者にとって絶対に安全であることが保証されます。

比較のためだけに:8時間の大陸間飛行中に人体が吸収する放射線は、X線検査システムから10cmの距離で8時間働く人体が吸収する放射線の34倍です。一般的に言って、ドイツの地上の平均放射線でさえ、X線スキャナーの近くで作業する場合よりも4倍高くなっています。


X線スキャナーはどのように機能しますか?

X線は非常に高いエネルギーを持っているため、エンティティを透過できます。 「X線撮影」に使用されるX線は、電子制御されたX線管によって生成されます。コンベヤーベルトの上に線形検出器があり、テストオブジェクトに到達する放射線の量を測定し、それを変換してさらに処理します。検査対象物の濃度に応じて、X線は製品を通過するときに高(高密度)または低(低密度)レベルに調整されます。検出器は残りの放射線を電気信号に変換するため、検査対象の密度差を画像に表示できます。材料の密度が高いほど、X線画像に表示される色は暗くなり、その逆も同様です。画像処理ソフトウェアは、画像の明暗のコントラストの違いを検出し、汚染物質や不足している製品を強調表示し、対応する信号を出力します。