金属探知機の分類

金属探知機の分類

概要

金属探知機の分類

1.機能別:

1)金属探知機(平衡コイル式):鉄、ステンレス、銅、アルミなどすべての金属を検出できます。検出精度と感度は比較的高く、安定していて信頼性が高く、アルミフィルムを通すことができません。

2)鉄金属探知機(永久磁石タイプ):一般に針探知機として知られている鉄金属のみを検出できます。検出精度と感度が低く、干渉しやすく、アルミフィルムにパッケージ化できます。

3)アルミホイル:鉄金属しか検出できませんが、アルミホイル包装の製品をテストする場合、検出精度と感度は依然として高いです。

2.目的別:

1)チャネル搬送タイプ:主に比較的少量の製品や、生産ラインに接続して連携を実現できる工業製品の小さな袋や箱を検出するために使用されます。

2)落下タイプ:主に粉末、小粒子、粒状製品の検出に使用されます。主にプラスチック原料、ゴム、液体物質に使用されます。

3)パイプラインタイプ:主に、ペースト状で流れる液体物質を検出し、組立ラインのパイプラインを密閉するために使用されます。パイプライン内の金属不純物を検出して除去すると便利です。これは主に、錠剤、カプセル、粒状(プラスチック粒子など)、および粉末状のアイテムの検出に使用されます。


4)平板タイプ:通常、シート、フィラメント、および比較的薄い厚さであるが幅と長さが比較的大きいその他の製品(織物や段ボールなど)を検出するために使用されます。その主な目的は、製品の品質を向上させながら、下流の機器を保護することです。設置が簡単で、水平、垂直、斜めに設置でき、製造工程のほぼどこにでも設置できます。

5)スプリットタイプ:金属探知機は上下から分離できるため、設置・使用に便利です。ただし、分離後に検出器を再度組み立てる必要があり、通常の分離を再度組み立てた後に磁場バランスを調整する必要があるという問題があります。

6)現在、市場で最も一般的な金属探知機はチャネル搬送タイプです。プローブのチャネルは正方形です。一般的に、それは自動拒絶装置を備えたコンベヤーベルト機構を備えているか、または警報信号を提供します。コンベヤーベルト上のアイテムがプローブを通過すると、金属が含まれると、自動的に拒否または停止されます。主に完成品および半製品のオンライン検査用で、出荷前の最終検査を提供します。例:袋詰めの材料、箱入りの製品など。