金属探知機の感度が使用過程で標準に達していない理由は何ですか

金属探知機の感度が使用過程で標準に達していない理由は何ですか

概要

金属探知機の感度が使用過程で基準に達していない理由は何ですか金属探知機の感度が使用過程で基準に達していない理由は何ですか

金属不純物をより正確に検出するために、現在の金属探知機は高感度ですが、一部のユーザーは使用中に誤った感度を持っています。金属探知機の感度が使用中に標準に達しない理由は何ですか?


製品の安全性と工場合格率を提供するために、特に食品、医薬品、化学産業、プラスチックおよびその他の産業の用途において、機器の検出精度に対する正確な要件があり、金属探知機の感度は非常に高いです。次の条件は、デバイスの検出感度に影響します。

1.現在、金属探知機には、デジタル二重周波数、デジタル単一周波数、アナログ、その他のさまざまな検出方法を使用したさまざまな検出方法があり、対応する検出感度も異なります。

2.機器の検出ポートのサイズも感度に影響します。検出ポートが小さいほど、感度が高くなります。同様に、テスト項目と検出プローブの接触面が小さいほど、検出精度は高くなります。

3.製品の影響は、包装材料、温度、形状など、金属探知機の感度に影響を与える重要な要素であるため、機器自体の要素に加えて、検査対象の特性も考慮する必要があります。水分含有量は製品の効果により大きな影響を及ぼします。この場合、感度はさまざまな状況に応じて調整する必要があります。


4.機器や製品の要素に加えて、金属探知機の使用環境にも注意してください。環境の周囲に金属、磁気、振動などの要因があると、機器の検出に一定の干渉を引き起こし、感度が標準に達しない状況になります。避けるべきです。

上記は、金属探知機の感度に影響を与えるいくつかの要因を説明するSYNDARです。また、機器のご購入・ご利用の際には、技術者に総合的な説明やトレーニングを実施させ、機器に親しんでいただけるようにさせていただきます。業界でカスタマイズされた専用の金属探知装置ソリューション、お問い合わせが必要なお客様を歓迎します!