X線発生の原理は何ですか

X線発生の原理は何ですか

概要

X線発生の原理は何ですか

X線は短波長で巨大なエネルギーを持つ電磁波です。密度の異なる材料に浸透できます。原子ギャップの貫通力により異なります。これは、X線の識別と分析を使用する現在のX線検出装置の中核でもあります。 。


X線の発生方法は非常に簡単です。電子を加速して金属ターゲットに衝突させることです。衝突中、電子は突然減速します。この突然の減速の間に、失われた運動エネルギー(物理学の保存則)が光子の形で放出されます。 、制動放射と呼ばれます。

電子の移動中、電圧が大きくなるほど、電子が運ぶエネルギーが大きくなり、放出されるスペクトル特性線が大きくなります。

電子は高エネルギーを運びます。金属板に衝撃を与えると、金属に衝突する過程で電子の速度が急激に低下します。このとき、高エネルギーの電子が電磁波を放射します。高エネルギーの電子が数万ボルトなどの十分な電力を持っている場合、それらはX線を放出することができます。これがX線発生の原理です。