食品および管理トレーニング資料に含まれる異物の発生源であるため、包括的である必要があります。

食品および管理トレーニング資料に含まれる異物の発生源であるため、包括的である必要があります。

概要

食品および管理トレーニング資料に含まれる異物の発生源であるため、包括的である必要があります。

異物は製品の品質に影響を与える重要な要素であり、顧客からのフィードバックや苦情の割合が最も高い要素の1つでもあります。異物をよりよく管理し、製品の品質を向上させるために、異物の発生源と異物の防止方法を紹介します。

異物の発生源

(1)異物の分類:

異物:

金属、ガラス、砂利、髪の毛、糸の毛、紙くず、木片、プラスチック、紙くず、手袋の革、およびこの食品以外のその他の品目。

B異物:

製品自体の異物、ペーストの残留物、硬い魚の骨など、顧客が受け入れることができない製品自体のすべての異物。

(2)異物を混入する理由:

人間、機械、材料、方法、環境の5つの側面からの異物の混合の分析には、通常、次の理由があります。

ペルソナ:

加工要員の持ち込み:労働集約型企業として、要員の管理が不十分だと、髪の毛、羊毛、手袋の革、バンドエイド、ボタン、鍵、付属品、たばこの吸い殻などの混合など、深刻な異物の混入を引き起こす可能性があります。

マシンB:

処理装置および装置の損傷および混合:処理装置および装置の損傷または取り外しは、異物の混合を容易に引き起こす可能性があります。バスケットやナイフの損傷など。球根とガラスの破損はガラスの混合を引き起こします。溶接修理業者には、溶接豆や溶接スラグなどがあり、金属の混合を引き起こします。

C素材:

原材料の取り扱いが悪い:原材料は基地や加工現場などから来ており、虫や干し草などの雑貨が含まれているため、加工中に不適切な洗浄や不完全な洗浄を行うと、異物や異物が混入する可能性がありますに。

D法:

加工方法が間違っており、原料自体に異物が多く、選別・洗浄して異物を取り除く工程がありません。

Eリング:

劣悪な処理環境によって引き起こされる異物の混合:たとえば、飛んでいる昆虫とハエが梱包箱に混入するなど。製品内のハエと飛翔昆虫の混合;壁などのセメントブロックの破損や落下、汚れた水質(水中の不純物)、内部包装材異物が混入し、製品の品質に影響を与える可能性があります。

異物の侵入防止対策

異物混合の防止は、食品加工における主要な問題です。異物混合の一般的かつ頻繁な管理は、最初に混合の原因を分析し、異物混合の可能性を防ぐためにしっかりとした効果的な対策を講じる必要があります。


(1)原則と方向性

(1)原材料倉庫および前処理ワークショップでの不純物および異物の管理を強化します。たとえば、古紙箱、廃プラスチックバッグ、廃棄コード、および原材料を取り出した後に残ったラベルは、いつでも、清潔で整頓された状態に保たれ、混ぜてはいけません。1つのプロセス。

(2)ワークショップの安全衛生管理を強化し、タイムリーな検査を実施し、安全でない健康被害を時間内に排除します。例:飛んでいる昆虫の狩猟と殺害、髪の制御、ラテックス手袋の制御、壊れた工具と機器の制御、ワークショップレポートの紙の制御、ワークショップの壁紙の制御、ランプチューブの地域的かつ徹底的な清掃、バルブの破裂など、安全でない製品は廃棄されます。

(3)異物の重要性の理解を強化し、生産管理のワークショップで異物の管理の管理を強化し、製品の品質に影響を与える重要な規制にこの項目を含め、異物の流入を制御するためにすべてを動員する安全な範囲内。

(2)異物管理の具体的な管理:

1

非生産的なアイテム管理

1.1ロッカールームの入り口での監督と検査

a。ワークショップに参加する前に、生産に関係のないアイテム(携帯電話、鍵、ミールカードなど)をロッカールームの管理者に引き渡し、非生産アイテムの保管場所に保管してください。 。持ち運びやカジュアルな服装はご遠慮ください。

b。更衣室への飲食物(ピーナッツ、メロンシードなど)の持ち込みはご遠慮ください。

c。更衣室の管理者がランダムに検査を行います。上記の要件を満たしていない場合は、ワークショップディレクターに報告して処理してください。

1.2ジュエリーの検査

a。脱衣所にジュエリーを着用することは固く禁じられています。

b。ワークショップに出入りする個人が着用する帽子、ヘアピンなどをチェックする必要があります。

1.3ボタンまたはジッパーの検査

a。装飾品(浮き落ち)のあるカジュアルな服装をワークショップに持ち込むことは固く禁じられています。

b。作業員が脱衣所に入るときは、カジュアルな服のボタンやジッパーが外れていないか、緩んでいないかを確認してください。不足しているボタンを時間内に報告し、ロッカールームに記録を保管してください。

c。作業服には粘着性のバックルのみが許可されており、ボタンは固く禁じられています。

1.4ワークショップのニーズのために持ち込まなければならないその他の非生産的なアイテム

ワークショップに出入りする自己検査と、ワークショップに出入りするアイテムの登録を記録します。

2

スタッフの摩耗管理

2.1作業服の衛生

a。作業服は清潔で衛生的で無臭でなければなりません。

b。作業服は定期的に清掃され、清潔に保たれます。

c。作業服は傷がなく、頭もありません。

d。新しい作業服は着る前に検査し、表面の糸を取り除く必要があります。

2.2作業服の着用手順

a。スリッパの交換→カジュアルな服装の脱ぎ(チェック)→作業服の交換(チェック)→マスクとインナーキャップの着用(ヘアネット)→トップ→ワークパンツ→ウォーターシューズ

b。手洗いと消毒の手順を実行した後、エプロンと袖を着用してください。

2.3着用要件

a。内側のキャップは耳と髪を覆い、内側と外側のキャップはしっかりと固定され、キャップのつばは顔の近くにあります。

b。マスクは鼻を覆い、ワークショップで気軽に外すことはできません。また、ワークショップで唾を吐くこともできません。

c。すべての加工担当者はエプロンを着用し、製造工程で悪いエプロン、悪い袖、悪い手袋は許可されていません。

d。エプロン、袖、手袋に落書きしないでください。処理スタッフの名前とジョブ番号は、特定の位置に書き込むことができます。

e。加工中のカジュアルな服装や作業服の外出は固く禁じられています。

3

ヘアコントロール管理

3.1作業服を着る前に

作業服とカジュアル服の髪の毛の自己検査または相互検査。見つかった髪の毛はテープに貼り付けられており、捨てることは固く禁じられています。作業服、袖、エプロンの糸と羊毛は、作業場に入る前に徹底的に検査して取り除く必要があります。製造工程では、特別な人員が定期的に検査されます。

3.2着用手順

スリッパの交換→カジュアルな服装のチェック→オーバーオールのセルフチェック→マスクとインナーハット(ヘアネット)の着用→トップス→ワークパンツ(パンツで結んだトップス)→ウォーターシューズ

3.3きちんと着替えた後

二人でチェック→鏡でセルフチェック

3.4手洗いおよび消毒後の毛髪検査:毛髪検査およびペーストは、専任の担当者が実施するものとします。

3.5作業中

a。検査が1時間ごとに行われることを確認するために、作業中にチェックする特別な人を設定します。

b。袖口から髪の毛が抜けるのを防ぐため、作業中の袖のローリングは禁止されています。

c。検査官は髪の毛をチェックし、一元的に収集します。

3.6髪の検査

頭→肩→背中→前胸→腕と下腕→脚

3.7ヘアスティッキングツールは、スティッキングローラーまたはテープです(テープの色は、混合を防ぐために製品の色と大きなコントラストを持っている方が良いです)。

3.8ヘアスティック装置の交換

a。ワークショップに入る前の髪の毛の検査では、検査した4人ごとに髪の毛の付着紙を交換してください。

b。処理中の状況に応じて粘着紙を交換してください。

3.9スタッフは、散髪後の髪の毛を洗い、髪のスカムをきれいにし、ワークショップに入る前に衛生チームの検査官に積極的に報告し、衛生チームによる検査を受け入れ、資格を取得してからワークショップに入る必要があります。

3.10男性労働者は長いあごひげを生やしてワークショップに入ることができません

3.11処理スタッフに、週に2回入浴して髪を洗うように勧め、促します。

4

オリジナル、補助、素材間の運用管理

4.1使用する前に

a。すべての原材料および補助材料は、使用前に外装をきれいにする必要があります。

b。内外に梱包されているすべての原材料および補助材料は、パッケージ外の加工工場に持ち込むことはできません。

c。内側と外側の梱包材は地面とは別に配置されます。

4.2使用時

a。先入れ先出しの原則を使用します。

b。異物の混入を防ぐため、使用前に原材料と補助材料をきちんと開けてください。

5

機器のメンテナンス管理

5.1保守要員が持参した工具の数を数え、更衣室の要員による「ワークショップに参加した部外者の記録」を記録する。

5.2保守要員の作業服は、衛生的かつ清潔に保たれなければならない。

5.3必須ではない工具をワークショップに持ち込むことは禁止されており、ワークショップで用意された特別な工具箱は常に清潔で衛生的に保たれています。

注:シフト内の機械設備が破損した場合は、電気溶接機の使用、ワイヤーの結束、地面の掘り起こし、ランプチューブの交換などが必要となり、重大な製品安全上の問題が発生する可能性があります。通常の生産中のメンテナンスプロジェクトは固く禁じられており、シフト後にクリーンアップする必要があります。実装します。

6

ガラス製品管理

6.1ランプ交換仕様

a。通常の製造および加工プロセス中にランプチューブを修理または交換することは固く禁じられています。修理および交換は、シフト後に製品が入手できなくなった後に実行する必要があります。

b。交換手順(専門家による):

・廃液チューブを取り外します(現場で少なくとも2人)→露出を防ぐために慎重に密封します→ワークショップから送り出します

・新しいランプチューブ→慎重に密封→設置のためにワークショップに持ち込む→保護カバーの固さを確認する→現場での衛生清掃

6.2ワークショップのガラスドアと窓の管理

a。すべてのガラスは保護セロハンで覆われています。

b。ガラス衛生の清掃と管理は個人に実施されます。

c。ドアや窓のガラス(ワークショップにガラスがある場合)にひびが入っている場合は、シフト後に交換する担当者を編成します。

d。クラスでガラスの損傷を引き起こす緊急事態が発生した場合は、製品の安全性を確保するための主要な問題として対処してください。

6.3更衣室の鏡:統一された番号管理、定期的な検査と記録。クラスで緊急事態が発生した場合、それは重大な異常問題として扱われます。

6.4ワークショップでのガラス器具の使用は固く禁じられています。特別な状況:圧力計や温度計などは、特別な保管のための保護設備を備えている必要があります。

7

金属製品の使用管理

7.1処理中の制御

a。原材料に関して:目視検査(および磁石吸着)により、原材料に金属が混入していないことを確認します。

b。ツール、機器、設備

・使用する機器は破損していません。すべてのシフトを確認してください。壊れた器具は固く禁じられています。処理中に損傷があった場合、損傷した工具および器具は使用を中止し、製品はこの期間中は別々に保管し、評価後に処理するものとします。

・電化製品、テーブル、設備などに溶接がある場合は、製造工程で溶接割れが発生しないように、使用前に表面の溶接豆を取り除く必要があります。

・一部の機械で使用されている小ネジなどの機器の安全衛生管理、交換時に番号を確認し、不足していないか確認し、時間内に報告する必要があります。

c。制御用の機器と機器:パッケージング中の検出と監視のために金属探知機が追加されています。

8

紙の使用管理

8.1毎日シフトする前にワークショップに入る労働者をチェックし、彼らが働くことを許可されていないときは古紙をワークショップに持ち込んでください。

8.2処理プロセスで使用されるレポートの数量管理を実装し、冗長なレポートをワークショップに持ち込まないようにし、ワークショップに持ち込まれたレポートが損傷しないようにします。

8.3処理プロセス中に定期的に記入済みのレポートフォームを確認し、すぐに損傷を見つけます。見つからない場合は、その期間内に生産された製品は個別に保管され、評価後に処理されます。

8.4シフトの処理担当者が事故でワークショップを離れる場合は、会社の統一休暇通知を使用してください。許可なく落書きすることは固く禁じられており、不要な古紙が発生します。

8.5製品の包装:製品を裏返しにした場合、紙くずが最終製品に混入しないように、カートンを製品および包装面から分離する必要があります。

8.6シフト後にワークショップを離れるときは、レポートに損傷がないか確認してください。報告書に破損が見られない場合は、最終検査期間中に別途保管し、評価後に処理するものとします。

8.7作業中に許可なく壁に紙を貼ることは固く禁じられており、可塑化するか、PEバッグに詰める必要があります。

8.8レポートレコーダは処理テーブルから一定の距離を離れます

9

プラスチック製品管理

9.1プラスチックシートとバリの管理

a。工具および機器の消毒室の特別なスタッフが、プラスチックの箱とプラスチックのバスケットを検査し、バリをトリミングし、損傷またはひびの入ったプラスチックの箱を返品処理のために選択します

具体的な手順は、バリの目視検査→修理(バリを専用器具に入れる)→水ですすい→ワークショップを終了する

b。プラスチック製の器具の取り扱いには注意してください。テーブルやその他の場所で前後にドラッグしたりぶつけたりすることは固く禁じられています。製品のプラスチックバスケットは、人為的なプラスチックの破損を防ぐために、テーブルを叩いたり詰めたりすることを固く禁じられています。アプライアンスは長期間使用すると徐々に劣化しているように見えるため、処理ワークショップは定期的にチェックし、古くなったプラスチックアプライアンスを時間内に取り外す必要があります。

c。新しいプラスチック器具:すべての検査は製造工場の外で行われ、特別な人がはんだごてを使用して皿のバリ、バリ、および簡単に取り外せる部分を取り除くように組織されています。

d。ワークショップでは、プラスチック製の定規や硬質プラスチック製のクリップなどを使用しないようにしてください。ステンレス製の器具を使用できる場合は、プラスチック製の器具を対応するステンレス製の器具に交換することを検討してください。

e。ワークショップで使用するレポートクリップは、生産エリアから遠く離れている必要があります。製品の破損や脱落を防ぐため、レポートに記入する際に製品の近くに置くことは固く禁じられています。

f。ランプ保護カバーは、シフトごとに検査する必要があります。破損がある場合は、シフト後にランプカバーを交換してください。シフト中の緊急事態によりランプカバーが破損した場合は、重大な異常問題として対応します。

9.2プラスチック紙の管理

a。ワークショップで使用するプラスチック紙は均一に管理されており、切断時にバリを完全に取り除き、プラスチック紙に損傷を与えないようにしています。

b。プラスチック紙の色は製品の色から分離されています。

9.3プラスチックブラシの制御

a。道具や道具の掃除に使用するプラスチック製のブラシは暗くする必要があり、床を磨くためのブラシと一緒に置くことはできません。ブラシは、使用しないときは特別なバスケットまたはボックスに入れてください。

b。ワークショップ内のすべての衛生器具は、使用しないときは「衛生陶器保管室」に配置され、掃除道具や器具用のプラスチックブラシは特別なバスケットまたはボックスに配置され、「衛生器具」の地面から離れて配置されます。食器保管室」。他の衛生器具も「衛生器具保管室」にきちんと配置する必要があります。そしてきちんと配置されます。

10

竹と木製品の管理

10.1工具と設備:竹や木製のナイフの柄などの木材を使用することは固く禁じられています。

10.2衛生器具:清掃および衛生に使用される器具は、木製のモップなどの木材で作ることはできません。

11

ヘアコントロール管理

11.1処理スタッフ

a。ワークショップに入る前に

・加工担当者は作業場の外にいて、髪の毛やその他の異物を徹底的に掃除します。

・作業着を着用する前に、まず私服と作業服の内外の髪の毛をチェックしてください。

・作業着を着た後、ペアで髪の毛をチェックし、次の管理プロセスに入ります。

b。ワークショップ入場検査

ワークショップの入り口では、髪の毛をチェックして初めてワークショップに入ることができます。加工工場に入った後、専任の担当者による検査・監視を行います。

c。ワークショップ検査

・検査は1時間ごとに行われるように、作業中に特別な人が配置されます。検査中は、髪の毛が製品に落ちないようにスタッフがテーブルから30cm以上離れており、検査官との会話が禁止されています。

・検査する毛髪は一緒に配置し、均一に処理する必要があります。

・髪の毛が抜けないように、作業中に袖を引っ張ることは禁止されています。

d。放課後

・必ずお風呂に入り、週2回髪を洗ってください。

・毎週定期的な作業服を保証します。

・散髪をしているスタッフは、入場時に髪を洗う必要があり、入室前にロッカールームの担当者が無精ひげがないことを注意深くチェックする必要があります。

12

ラテックス手袋使用管理

具体的な手順は次のとおりです。

12.1検査

a。ワークショップに入る前に、ワークショップの入り口に特別な人が配置され、手袋が損傷していないかどうかを確認します。

b。スタッフは定期的な自己点検を行い、損傷したものはすぐに交換します。

c。クラスの特別な人に確認し(手を洗って消毒するたびに)、損傷している場合はすぐに交換し、関連する記録を作成します。

d。シフト後に作業員が作業場を離れるときは、作業場の入り口に特別な人が配置され、手袋が損傷していないかどうかを確認します。

e。クラスの手袋が破損している(欠陥がない)場合は、ワークショップ手袋の統合管理事務所で時間内に交換する必要があり、特別な担当者が監督と検査を担当します。

12.2手袋のゴムがない場合は、最後の検査から発見時までの期間内に製品を再確認し、ゴムを見つけてください。ゴムが見つからない場合は、不適合品と判断します。

13

包装管理

13.1工場への梱包材

a。輸送:車両は清潔で、異物や汚染がなく、乾燥した状態に保たれている必要があります。

b。製造業者:製造業者証明書、衛生証明書、登録証明書、工場検査証明書などを備えた資格のあるサプライヤーである必要があります。

c。検査:

・梱包材をお受け取りの際は、強度、レイアウト、汚れ、異物等を点検し、合格の場合は倉庫に、不合格の場合は返却してください。

・内部包装バッグのバッチごとに、実験室の担当者が微生物学的塗抹検査を実施し、認定されたものとして使用します。不適格な製品を返品してください。

13.2梱包材の使用

a。確認

・梱包材、配置、刻印の位置等を事前に確認し、認定後のみご使用ください。

・梱包する前に、製品名の仕様が梱包材の製品名の仕様と一致しているかどうかを確認してください。

b。製品交換時

・製品のクリーニング:最後の製品は徹底的にクリーニングされ、すべて在庫に入れられます。

・物理的洗浄:前の製品で使用された材料は徹底的に洗浄され、すべての材料は異なる材料の混合を防ぐために材料倉庫で明確にマークされています。

14

梱包材管理

14.1人事管理

a。作業服はきちんと着用し、髪の毛、髪の毛、紙くずを露出させることは固く禁じられています。

b。内包装と外包装の担当者を分離します(特別な状況では、外包装作業が内包装作業に変更された場合、本体の紙くずを徹底的に洗浄し、手を消毒する必要があります)。

c。シフト内の部外者が資料室に入ることは固く禁じられています。

14.2屋内衛生

a。地面、ドアと窓、壁、ゴム製のカーテン、鉄のフレーム、ケースを清潔に保ち、損傷、破片、汚れがないようにします。

b。シフトの前後に机を掃除して、机を清潔に保ち、破片がないようにします。

c。材料はきちんと整頓されています。

d。夏の雨による湿気とカビは、微生物の繁殖と汚染を制御し、カートンの損傷が製品に混入するのを防ぐために、カートンの強度に影響を与えないように、時間内に乾燥させる必要があります。

14.3資材管理

a。内側と外側の梱包材は、お客様や製品仕様などに応じて別々に配置され、必要に応じてマークを付けることができます。

b。材料にはパッドを詰め、地面または壁から離して配置する必要があります。また、直接地面に置くことは固く禁じられています。

c。ほこりの汚染を防ぐために、すべての材料を覆ってください。

14.4非生産的商品の管理

a。化学薬品、竹や木製品、ガラス製品などを材料室に保管することは固く禁じられています。

b。破損またはひびの入った機器や物品を材料室に保管することは固く禁じられています。

15

害虫駆除管理

15.1ワークショップ管理

a。ワークショップの入口と出口、配送ポート、および完成品の保管場所にあるゴム製のカーテンは、常に清潔で完全な状態に保つ必要があります。

b。原材料倉庫入口の緩衝室と材料室は、常に衛生的で清潔に保つ必要があります。

c。ワークショップに出入りする担当者は、自由にドアを閉めます。

d。ワークショップ設備と壁の間の仕切りの間に衛生的な角があってはならず、腐ったぼろきれやプラスチック、壊れた手袋をランダムに配置してはなりません。

e。ワークショップの排水口のステンレス鋼の保護カバーとゴミの出口のドアは、昆虫やネズミがワークショップに入るのを防ぐために、あまり長く開けないでください。

f。処理ワークショップのすべての吸気ポートと排気ポートのフィルタースクリーンは、飛んでいる昆虫がワークショップに侵入するのを防ぎ、定期的に清掃するために、一定の密度に達する必要があります。

15.2フライハンティング

a。毎日フライキリングランプをつけて害虫を捕まえて殺し、定期的に掃除してください。

b。クラスでは手作業による狩猟が可能で、飛んでいる昆虫の死体は別々に見つけて処理することができます。

c必要に応じて、シフトまたは非生産時間後に農薬を適用し、残留物を防ぐために徹底的に洗浄します。