X線異物検出器の使用に関する技術ガイダンス

X線異物検出器の使用に関する技術ガイダンス

概要

X線異物検出器の使用に関する技術ガイダンス

X線検査装置は、最新のドイツのX線画像および画像処理技術に基づいてSYNDARによって開発された新世代の機械であり、ヨーロッパの基準に完全に準拠しています。食品業界、製薬業界、およびその他の業界で広く使用されており、食品業界の品質を管理して、隠れた製品品質の危険性を排除しています。

生活水準の継続的な改善に伴い、人々は食品や日常の工業製品の品質と安全性に対する要求を高めており、それに応じて国は厳格な安全検査規則を策定しています。

また、X線検査装置は、関連するニーズに対応し、検査レベルを向上させるために、独自のシングルビュー検査技術から新しいタイプのマルチビュー検査技術へと発展し、さまざまなニーズを持つお客様により多くの選択肢を提供しています。

X線の透過力を利用して、骨やプラスチックなどの硬い異物からさまざまな金属異物をより高い感度と安定性で検出できるため、完成品の品質をより効果的に向上させることができます。

金属、ガラス、セラミック、石、骨、プラスチックなど、食品(さまざまな肉製品、水産物、果物や野菜、添加物、粉乳、チョコレートなど)に含まれる異物を検出できるだけでなく、また、パッケージのひび、気泡、内容物の欠陥など、製品の欠陥を特定することもできます。完全な製品検査を達成するため。